ホーム 活動報告



[ ]
被災地活動報告@
活動目的 @避難所や仮設住宅で暮らす被災者にふまねっと運動を紹介し、今後の長期的な被災地支援活動につなげる。
       Aイベント開催に関わる他団体との信頼関係を築く。
活動期間 平成23年7月4日(月)〜7月11日(月)
活動場所 大槌町、陸前高田市(岩手県)
メンバー 尚和里子 青木貴宏(事務局スタッフ)
      秋田ひろ子 安藤百合子 長内喜四三 三岩澄子 三岩昇(ふまねっとサポーター)

活動記録 7月4日  苫小牧→青森 フェリーで移動
     7月5日  青森→花巻→大槌 6時間かけて自動車で移動
     7月6日  大槌中学校で開催されたイベント『進め!大槌』に参加
           イベントに出席した被災者やボランティアの方にふまねっと運動の紹介を行った
     7月7日  陸前高田市で開催されたふれあいサロン『お茶っこ飲み会』に参加
           仮設住宅に住む被災者の方にふまねっと運動教室を実施した
     7月8日  『進め!大槌』に参加
           夕方、サポーターさんが札幌からJRで8時間かけて花巻に到着
     7月9日  『進め!大槌』に参加
     7月10日  『進め!大槌』に参加
     7月11日  サポーターさんがJRで帰宅
     7月12日  花巻→八戸→札幌 自動車とフェリーで移動

参加したメンバーの感想
・イベントに参加した被災者の方の目的は、生活に必要なものの調達だった。(イベントでは、他団体のボランティアによる衣服、生活用品のバザーが行われていた)被災者の方にふまねっと運動を紹介することは難しかった。
・被災者にはなかなか声をかけづらかったが、他団体のボランティアの方にはふまねっと運動の紹介することができた。今回の活動は決して無駄にはならないと思う。
・被災者の方の話を聞くことの大切さを感じた。「買いたいものは買えましたか?」と声をかけると、そのまま色々な話をして下さった。また、私たちについても関心を持って下さった。
・ある仮設住宅に住む被災者の方は、以前は物資輸送のボランティアという役割があったが、今は無くなってしまい、やることや役割が無いことを嘆いていらっしゃった。
・別の方は、自宅が津波被害を免れてしまったために補助金がもらえないとおっしゃっていた。仕事を失い、やることもお金も無くなったことを嘆いていらっしゃった。
・気温が高く、花巻から沿岸部への移動時間も2時間30分と長いため、体調を万全に整える必要がある。特にサポーターは高齢者で持病を持っている人が多いので気を付ける必要がある。
・自分の目で被災地の現状を見ることができて良かった。今後の活動に活かしたい。

他団体の情報
・美容師のボランティアチーム(東京)
 被災者のメイクや写真撮影を行う活動をしている。撮影した写真は額縁に入れてお渡ししている。
・外国チーム
 アメリカや南アフリカなどから数名来日して、ネイルアート、まち針さしの作成などで支援活動をしている。
・がれき撤去ボランティア(函館)
 函館から49名のボランティアがバスで来てがれき撤去を行っていた。ふまねっと運動をご存じの方がいらっしゃった。
・まごころネットボランティア(遠野)
 陸前高田の被災したぶどう農園で製造されたぶどうサイダーの販売をボランティアで行うことで、農園の運営再建を支援していた。
・株式会社ドンドンアップ(盛岡)
 インターネットで全国に呼びかけて古着を集めた。被災者はドンドンアップのバザー開始時間を待ちかまえており、開始と同時に確保していた。夏物の服が不足しているそうだ。
・千葉県ボランティアチーム
 生活用品のバザーを実施していた。大学生もたくさん参加していた。


『進め!大槌』の会場の様子
大槌中学校のグラウンドに建てられた仮説テントです。


会場の一角でふまねっと運動の体験コーナーを設置し、被災者やボランティアの方に体験していただきました。


イベントに参加したふまねっとサポーターさん。


活動報告一覧

2018/07/10
北海道千歳リハビリテーション大学でふまねっとサポーター養成講習会が開かれました。

新宿区通所型住民主体サービス事業でふまねっと運動が紹介されます

「ふまねっと運動で健康づくり大会」in千歳が開催されました。

年会費値上げに関するアンケート結果のご報告

講演会開催の実績

職員募集のご案内

新製品のご案内「赤い色のふまねっと」

正会員対象のふまねっと研修会のご案内

北海道介護予防推進フォーラムの講演会

平成28年度『高齢者のボランティア養成事業』案内チラシを配布します

カラー版ふまねっとボランティアシャトルを公開します。

厚生労働省「地域の健康増進活動支援事業」のモデル事業に採択されました

平成26年度独立行政法人福祉医療機構助成事業報告書

26年度定期総会が終了いたしました。

平成25年度寄付者一覧を公開いたします。

製品価格の変更について(カタログ)

札幌市から「認定NPO法人」に認定されました。

平成24年度活動報告書ができました。

共同通信社より「ふまねっとで生活保護受給者の自立支援」記事の配信

定期総会が無事終了いたしました。

正会員向けアンケートの結果を公表します

法人の事業案内パンフレットができました

平成24年度寄付者一覧を作成しました。

「仮認定NPO法人」の法人格を取得しました。

函館で新たに支部が設立されました

被災地支援活動が北海道新聞に連載されました(二)

被災地支援活動が北海道新聞に連載されました

ふまねっとサポーター研修会(釧路)が行われました。

平成23年度寄付者名簿

平成22年度寄付者名簿

平成24年度寄付者名簿を更新しました。

全国ふまねっと導入施設一覧を更新しました。

札幌市エルプラザふまねっと運動無料体験会

札幌地区ふまねっと教室のご案内

ふまねっとステップ発表会

平成23年度決算報告、平成24年度事業計画など定期総会議案書をご覧いただけます。

12月までの講習会日程を決定いたしました。

平成23年度東日本大震災被災地支援事業報告書ができました。

平成24年度定期総会は帯広市で行います。

札幌駅地下歩行空間イベントが無事終了しました

中央共同募金会から助成金をいただきました

独立行政法人福祉医療機構から助成金をいただきました

札幌市市民まちづくり活動促進助成金をいただけることになりました

被災地活動報告@

第3回 被災地支援会議議事録

被災地支援チーム設立会議について(続報)

被災地支援チーム設立会議について

被災地訪問の報告

正会員が二千人を超えました。

東北地方太平洋沖地震の被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

池田町での研究調査について十勝毎日新聞に掲載されました。

南富良野社会福祉協議会様サポーター養成講習

いきいき元気健康まつりに参加しました

ケーブルテレビ「さっぽろ見聞録」で放送されます。

各地区の研究プロジェクトの教室が始まりました。

HBC北海道放送の「道民カレッジ」の取材が行われました

函館新聞に知内町で行われたふまねっと健康教室の様子が掲載されています!

チームハコダテ大奮闘、プロジェクト大成功!!

旭川「NPO法人たいせつ」でおこなわれた8回の教室が大成功に終わりました。

釧路遠矢で行われた教室が本日で終了しました!

札幌市「西野ふまねっと」、無事プログラム終了しました!

札幌市「東友の会」のプログラムが終わりました。

「コア大空」で行われた研究プログラム、大成功でした。

弟子屈町「一九・三」で行われたプログラムが無事終了しました。

ふまねっと946で行われた8週間プログラムの教室が無事終了いたしました。

網走市で行われた研究プロジェクトが、無事終了いたしました。

池田町の8週間プログラムが無事終了いたしました。

幕別町のプログラムが無事終了いたしました!

長寿社会開発センターの助成事業報告書が完成しました。

札幌市救護施設あけぼの荘さんでふまねっと教室実施

余市町でサポーター養成実施

北海道公衆衛生学会におけるシンポジウム報告

「地域密着型福祉全国セミナーinくしろ」でふまねっと紹介

陸別町サポーター養成講習

東京で一般住民向け教室が行われました。

東京インストラクター3級養成講習会報告

釧路で行われたサポーター養成講習で、釧路のサポーターが講師を務めました!

介護予防フォーラムに出席しました

平成21年9月の講習会

鶴居村体験講習が修了しました

朝日新聞に紹介記事が掲載されました

2008年度医療福祉機構助成金事業報告

学生のボランティア活動の報告

ふまねっと運動誕生5周年記念イベントのご案内

サポーター養成講習inふまねっと研修センター

ふまねっと教室in広尾町

5周年記念イベント説明会in十勝

サポーター養成in士幌町

ふまねっと誕生5周年記念イベント計画中!

音更町でサポーター養成講習

朝日新聞の取材がありました。

札幌市西野でサポーター養成実施しました。

NPO法人たいせつ:インストラクター3級養成講習

網走支庁管内社会福祉協議会職員研修を行いました。

札幌市西野中央体験講習

ふまねっと製造過程を見学しました。